ノウハウ

SKAdNetwork/エスケーアドネットワーク

SKAN/スキャン

SKAD/エスケーアド

 

Appleが提供するiOS, iPadOS, tvOS向けの広告効果計測の枠組み。プライバシー保護を主目的とした広告計測ができる。インストール計測以外に、ある一定の条件の元、あらかじめ設定されたイベントの計測が可能。
SKAdNetworkの基礎知識をもっと知りたい方はこちら


・特徴
コンバージョン値、キャンペーンID、再インストール有無、配信面アプリなどの情報をポストバックできる。
ポストバックできるのは1回で、24時間タイマーが切れると送信する仕組み。この24時間タイマーはコンバージョンバリューの値が更新されるとリセットとなり、24~48時間の間でランダムなタイムラグが発生する仕組みになっている。
より詳しく知りたい方はこちら

 

・nendでは
nendはSKAdNetworkに対応しており、管理画面からSKAdNetworkで計測した広告効果の確認、広告運用が可能。また獲得ユーザーの質の向上のために必要なコンバージョンバリューの設定サポートも行っている。

 

 

コンバージョンバリュー

CVValue

CV値

 

コンバージョンの値。6桁の2進数を自然数に置き換えたものでポストバックパラメータに含まれる。
6桁の2進数にユーザーのアプリ内行動を予め紐づけておき、インストールユーザーの行動分析に用いる。

 

IDFA/アイディーエフエー

Identifier for Advertisers

広告識別子

広告ID

デバイスID

 

AppleがiOS, iPadOS, tvOSの端末向けにランダムに割り当てる広告用の固有IDのこと。
広告識別子ともいう。
広告主は広告配信による効果計測、獲得したユーザーの行動分析が可能。iOS/iPadOS/tvOS 14.5以上の端末から、アプリによるIDFA取得はオプトインが必須になる。

 

 

IDFV/アイディーエフブイ

Identifier for Vendor

 

ディベロッパーが設定したアプリのbundle id単位(xxx.xxx.—-)で、Appleが個別に割り当てるデバイスIDのこと。同じ事業者の複数アプリで同じ端末であればすべて同じIDとなる。
ユーザーがその事業者のアプリをすべてデバイスから削除し、その後1つ以上のアプリを再インストールすると、IDFVは異なるものになる。

 

 

ATT/エーティーティー

AppTrackingTransparency

 

iOS/iPadOS/tvOS端末においてユーザーをトラッキングしたり、広告識別子を使用するために参照したりする許可をリクエストするフレームワーク。
2021年4月にリリースされたiOS/iPadOS/tvOS14.5がインストールされた端末から、広告識別子を取得する場合は対応が必須となった。YoutubeやGoogleマップを提供するGoogleは、自社の提供アプリ内でATT対応を行わず、広告識別子を取得しない宣言を行い、当時話題となった。
ユーザーがトラッキングを許可しない限り、広告識別子の値はすべてゼロになるため、広告識別子を用いたトラッキングは実施不可能となる。

 

 

24-hour timer

24時間タイマー

 

SKAdNetworkにおいて、ポストバックまでの時間(24時間)をカウントするタイマーのこと。
広告経由でアプリをインストールしたユーザーが、そのアプリを初回起動した際にスタートする。また、ユーザーのアプリ内行動(イベントや課金など)を設定したConversionValueが発火し、繰り上がるたびにタイマーはリセットとなる。
このタイマーが切れると、そこから0~24時間以内のランダムなタイミングでコンバージョンのポストバックが行われる。

 

time window

時間枠

 

SKAdNetworkにおいて、各アクションに定められている広告効果として計測される有効期間。

SKAdNetworkの時間枠の表

※ビュースルーについて

ビュースルー広告は2秒以上の表示でStore-Kitに登録ができる。
1端末あたり1つのsource-appで登録できるビュースルー広告は種類に限らず15まで。それより増える場合は古いものから自動的に削除される。(SKAdNetwork version 2.2以降)

 

※計測について

ラストクリック原理が適応となる。ビュースルー広告が最新履歴であっても、クリック広告の履歴が端末に残っている場合は、クリック広告が優先となり、コンバージョンがカウントされる。

 

Apple’s privacy threshold

Appleのプライバシー閾値

 

Appleが定めるプライバシー保護のための条件。これを満たさないと、配信先アプリIDやコンバージョン値が「null」でポストバックされる。
Appleはこの閾値を満たすための条件を明らかにはしていない。

 

 

StoreKit

ストアキット

 

App Storeを介する様々な機能を利用するための開発者向けフレームワークのこと。ユーザーへのアプリ内課金や広告のアトリビューション、レビュー★依頼などの機能がある。

 

 

ポストバックパラメータ

 

広告ネットワークがコンバージョンを獲得したときに受け取る通知に示される、変数値のこと。SKANのパラメータは以下。

SKAdNetworkのポストバックパラメーターの表

 

フィンガープリンティング

フィンガープリント

デバイスフィンガープリント

 

デバイスの様々な情報をもとに、ユーザーが使うデバイスを特定するトラッキング技術のこと。ユーザーエージェント(OS、ブラウザの種類、バージョンなど)のソフトウェアに関する情報や、CPUの情報などのデバイスのスペック情報、IPアドレスやリファラなどのネットワークに関する情報など複数の特徴を手がかりにして、ユーザーを推定する。

 

Deterministic/ディタ―ミニスティック計測

決定論的計測

 

不確実要素はなく、特定できるデータをもとに計測すること。
広告識別子などのデバイスIDによってユーザーを特定する計測方法を指す。

 

 

Probabilistic/プロバビリスティック(プロバブリスティック)計測

確率論的計測

 

様々な要素をもとに推定、識別すること。
デバイスなどの様々な情報をもとに、ユーザーを推定する計測方法を指す。

 

 

カットオフ

 

あらかじめ設定した時間が経過した場合、ユーザーが設定イベントを経由しても、ConversionValueが更新されない機能。
ConversionValueが更新され続けることで、コンバージョンポストバックまでの時間が長くなってしまうのを制御するために行う。

 

 

MMP

モバイル(アプリ)測定パートナー

 

スマートフォンやタブレットなどの携帯端末において、アプリの広告キャンペーンの効果計測ができるサービスのこと。ユーザーが広告を見てアプリをインストールしたかどうか、インストール後にアプリ内でどのような行動を取ったのかなど、様々な計測データをモバイルマーケティングに活用できる。

 

 

PCM

Private Ckick Measurement

 

iOS14.5から実装された計測機能。ウェブ上にある広告商材が対象で、アプリ内広告においてコンバージョン計測が可能。App-to-Web(メディアがアプリ、広告主がウェブ)の計測。
SKAdNetworkのコンバージョン計測とは仕様が異なり、Store-Kitではなく、Web-Kitで提供されており、Appleが採用した機能の一つ。