ニュース

2019/06/27

スマートフォンアドネットワーク「nend」が「インストリーム広告」の提供を開始、「ニコニコ動画」などの動画メディアと連携進める

~動画視聴ユーザーに動画広告を提供することで親和性の高い広告体験を~

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)が運営する、国内最大級のスマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」は、2019年6月、アプリメディア向けに「インストリーム広告(動画内広告)」の提供を開始しました。

「nend」では、動画市場の拡大に合わせてこれまで「動画リワード広告」「動画インタースティシャル広告」「動画ネイティブ広告」といったアウトストリーム広告を主に提供してきました。今回、新たにインストリーム広告の提供を開始したことによりパブリッシャーの多様なニーズに応えることが可能となります。

また、本リリースは世界的に広く採用されているVAST(※1)規格に準拠しておりますので、すでにVASTに対応されている場合は、容易に広告実装が可能となります。

そして最初の連携先として、日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ動画」にインストリーム広告の提供を開始しております。今回の連携により、動画視聴ユーザーには親和性の高い広告体験を提供しつつ収益化が期待できます。

nendでは今後も機能拡充や広告配信最適化アルゴリズムの強化を行い、消費者-メディア-広告主がwin-win-winになる広告プラットフォームを目指していきます。

※1)VAST:米国のネット広告業界団体であるインタラクティブ広告協議会(IAB)が策定した米広告業界標準規格。「動画広告掲出テンプレート」(Video Ad Serving Template)の略称。

■「niconico」について
niconicoは、株式会社ドワンゴが運営する、日本最大級の動画サービスです。「ニコニコ動画」や「ニコニコ生放送」など、独自のコメント機能を使ってコミュニケーションを楽しむことができる様々なサービスを提供しています。

■「nend」について
「nend」はスマートフォンユーザーが訪れるサイトやアプリ内に、親和性の高い広告を自動的に配信するサービスです。掲載メディアはSDK組み込みまたはJavaScriptタグ設置により導入することができ、広告主はCPAやCPIなどの成果指標に基づく広告配信の最適化を行うことが可能です。

■株式会社ファンコミュニケーションズについて
ファンコミュニケーションズは、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」やスマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」、リターゲティング広告サービス「nex8(ネックスエイト)」などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。

所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル
設立日:1999年10月1日
代表者:代表取締役社長 柳澤 安慶 (やなぎさわ やすよし)
資本金:11億7,367万円(平成30年9月30日現在)

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ
株式会社ファンコミュニケーションズ 広報室 担当:佐藤
Tel:03-5766-3792 / 090-6539-2490 Mail:fancs_pr@fancs.com