導入事例

人気ゲーム『誰ソ彼ホテル』のヒットアプリ運営術

株式会社SEEC 東京アプリ開発課 課長
野内 靖仁様
Web広告、公式サイト運営、モバゲーやグリーでのゲームリリース経験を経て、現在ではアプリの企画、開発、プロモーションを統括。
人々に驚きと感動を与えるコンテンツを開発して広めていくことを目指し、日々研究している。

SEECさんとは長くお取引をさせていただいていますが、今回、脱出アドベンチャーノベル『誰ソ彼ホテル』にて初めてnendの動画リワード広告をご導入いただきました。また、同時に新規ユーザー獲得のためのプロモーション支援としても、nendをご利用いただきました。

今回はマネタイズ、プロモーションの両面のお話を、たくさんお伺いできればと思います!

『誰ソ彼ホテル』の魅力はキャラとストーリー

– はじめに、今回の『誰ソ彼ホテル』のアプリ概要やおすすめポイントを教えてください。

野内様(以下、野内):今回の『誰ソ彼ホテル』は、「アリスの精神裁判」「四ツ目神」「監獄少年」に続く第4弾の脱出アドベンチャーノベルになります。
ダウンロード数は約35万まで伸び、AppStoreのトップ無料ゲームランキングでは、最高で14位となりました。

このアプリの企画は作家さんと一緒に行い、大正ロマンのような、明治村のような、そんな世界観を作り上げました。おすすめポイントは、キャラクターですかね。キャラクターがとがっていると思うので、そこを見てもらえると嬉しいです。

 

– 私は「パチンコ頭の男」や「カップル」が好きでした。脱出ゲームがもともと好きで、かなりやりこみました!

野内:なんだか緊張してきましたね(笑)

– 今回は「シナリオ+脱出・謎解き」というメインパート以外にも、ミニゲームもあったりしてユーザーさんが楽しめる要素が盛り込まれた一作ですよね。実際にプレイしたユーザーさんからのお声はいかがでしたか?

野内:反響はよかったですね。ストーリーが面白かったと言っていただけて。ストーリーは結構苦戦して作っているので、褒めていただけると嬉しいです。キャラも反響はありましたね。「このキャラが好きです」なんてお声も頂きました。主人公の「塚原音子」や「大外聖生」、「阿鳥先輩」の3名が人気です。

– 声優さんの起用や自社デザインのキャラクターが人気の秘密ですよね。企画構成から、デザインまでを自社で手掛けられているというのが御社の強みのひとつですね。

野内:そうですね。プロの声優さんの起用は初めてでしたが、キャラクターと同じくとても好評でした。企画構成は、毎回タイトルごとに世界観や時代背景から考えています。なので、次は全く違う世界観になる可能性もあります。

感動できるアプリを、妥協せずに作りたい

– 毎回、とても魅力的なアプリをリリースされているSEECさんですが、どのような想いで作られているのですか?

野内:『誰ソ彼ホテル』のように、感動できるようなアプリを作りたいと思っています。妥協せずに。今はまだ挑戦中ですが、そんなアプリを日本だけでなく、より多くの世界の人々に届けたいと思っています。

 

– SEECさんが本質的にいいもの、感動できるものを追い求めるようになったきっかけはありますか?

野内:もともと、シンプルに面白いものを作るのが一番いいと思っていたからですかね。原点回帰。たくさん作ればいいわけではないので。まだまだですね。

– なるほど。そういった原点を大切にしていることが、人気のアプリを生み出す秘訣なんですね。そんなSEECさんとnendとのお付き合いは長く、かなり頻繁にコミュニケーションをとらせていただいていてますよね。ちなみに、担当の対応は問題ないでしょうか。

野内:『誰ソ彼ホテル』についてもそうですが、いつもすばやく誠意ある対応をしていただいています!

– nendの動画リワード広告に関しては、『誰ソ彼ホテル』が初めてのご導入ですよね。

野内:はい、過去のお取引の実績から、バナー広告の効果がよかったので導入しました。期待通り、前作の『監獄少年』よりも、とても良い効果を出していただいてます!

– よかったです!今回、同時に新規ユーザー獲得のためのプロモーション支援としてもご利用いただいていますが、そちらの効果はいかがですか?

野内:CPIはたぶん御社が一番安定していますね。広告主としては効果の安定は重要ですからね。

– 安心しました!次回、SEECさんのマネタイズ、プロモーションの方針について、より詳しくお聞きしたいと思います!

nend編集者が「誰ソ彼ホテル」で遊んでみた!

ハラハラ度
★★★★☆
イケメン度
★★★★★
感動性
★★★★☆

とにかくストーリーが面白くてあっという間に最後の章まで進みました。 「早く次のストーリーを読みたい!」と、チケット付与が待ち遠しいです。 個人的にはパチンコ玉の頭をしたギャンブラーと、怪しい仮面を被ったカップルがお気に入りです。 また、挿入歌の「酩酊」やゲーム内のBGMは印象的で耳から離れません!

脱出アドベンチャーノベル 誰ソ彼ホテル

ゲーム

今回取材したお客さま

株式会社SEEC 様

ECサイト・自社メディア・アプリの企画・開発・運営など、常に驚きや楽しさに溢れたサービスを追求。
アプリ分野では、診断・育成・謎解き脱出ゲームなど、多数のアプリをリリースしてきた。

まずは検討してみませんか。

マネタイズ、プロモーションの両面からお手伝いします。
具体的な利用方法やシミュレーションなどもご提案させていただきますので
まずはお気軽にお問い合わせください。